忍者ブログ

Home > > ruby1.9をcoreserverとmacのホームディレクトリにインストール

[PR]

  • 2017-03-23

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Comments:

Trackback+Pingback:

Listed below are links to weblogs that reference
[PR] from Born Neet

Home > > ruby1.9をcoreserverとmacのホームディレクトリにインストール

Home > Ruby > ruby1.9をcoreserverとmacのホームディレクトリにインストール

ruby1.9をcoreserverとmacのホームディレクトリにインストール

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加

久々のブログ。
大したネタはないけど、たまには書かないと文章の書き方忘れちゃいそうなので。

ということで、rubyに関するちょっとしたメモ。

開発環境であるmacと本番環境であるcoreserverを統一したくて、
rubygemsをホームディレクトリに入れようとするも失敗。

諦めかけたけど、1.9にはgemが同梱されているということで、
いっそのこと1.9をインストールしちゃえばいいんじゃないかとやってみた。

結果、すんなりうまく行ったので手順を残しておく。

参考

Ruby1.8系とRuby1.9系を共存させてみる。 - 名もないテクノ手

手順

# 作業ディレクトリの作成
mkdir src
cd src

# ダウンロード・展開
wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.1-p378.tar.gz
tar zxf ruby-1.9.1-p378.tar.gz
cd ruby-1.9.1-p378

# パス設定
vim .profile
export PATH=$HOME/local/bin:$PATH
:wq
source .profile

# coreserverは.bashrcで
vim .bashrc
source .bashrc

# インストール
# 場所は~/local以下、コマンド名はruby19(gemはgem19)
./configure --prefix=$HOME/local --program-suffix=19
make
make install

# coreserverでは以下のエラーが出た
make[1]: Entering directory `/virtual/core/src/ruby-1.9.1-p378/ext/dl'
gcc -I. -I../../.ext/include/i686-linux -I../.././include -I../.././ext/dl -DRUBY_EXTCONF_H=\"extconf.h\"  -D_FILE_OFFSET_BITS=64  -fPIC  -O2 -g -Wall -Wno-parentheses -fno-defer-pop -fno-omit-frame-pointer  -o callback-4.o -c callback-4.c
gcc: Internal error: Killed (program cc1)
Please submit a full bug report.
See  for instructions.
make[1]: *** [callback-4.o] Error 1
make[1]: Leaving directory `/virtual/core/src/ruby-1.9.1-p378/ext/dl'
make: *** [mkmain.sh] Error 1

# 手動で失敗したコマンドを叩いた後、makeすれば通った
cd /virtual/core/src/ruby-1.9.1-p378/ext/dl
gcc -I. -I../../.ext/include/i686-linux -I../.././include -I../.././ext/dl -DRUBY_EXTCONF_H=\"extconf.h\"  -D_FILE_OFFSET_BITS=64  -fPIC  -O2 -g -Wall -Wno-parentheses -fno-defer-pop -fno-omit-frame-pointer  -o callback-4.o -c callback-4.c
make

# インストール確認
ruby19 -v
gem19 -v

~/.profile, ~/.bashrcとmakeでこけるとこ以外は、mac, coreserver共通でいけました。
貴重な日曜日のかなりの時間を費やしたのに、1.9ならこんなにすんなりいけるとは。
やっぱ言語に標準で組み込まれているってのはいいですねー。

PR

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
ruby1.9をcoreserverとmacのホームディレクトリにインストール from Born Neet

Home > Ruby > ruby1.9をcoreserverとmacのホームディレクトリにインストール

Search
Loading
Feeds
Links
スポンサードリンク
Ad
デル株式会社
Ad

Page Top