忍者ブログ

Home > > 作詞スル変更履歴

[PR]

  • 2017-07-22

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Comments:

Xoufelm URL 2008-01-18 (金) 17:05

作詞する、作詞しないともに面白いですね。よくできていると思います。私はVBAでカットアップをしていますが、ネット上でリロードするたびに新しいものができるほど柔軟でないです。(泣)以下私の作品を・・・。


香水の檸檬が私の友達へというふうに並べてあって、私があるように、思いあがった諧謔心(かいぎゃくしん)からそんな馬鹿げたことを憶い出した。香水のある街で、果物屋固有の檸檬(れもん)を晒(さら)し終わって後、とうとう私はすたすた出て行った。奇怪な幻想的な城が、その街にしておいて私は、乾物屋の中でもその果実を喜ばならなかった。しかしその家が私に上って来る。……実際あんな単純な冷覚や触覚や嗅覚や視覚が、たと言ったような味覚が私をゴチャゴチャに手の気詰まりな丸善も同じことだ。それからまた、ずっとさせた。私は街のない、もう十分後にはこの重さなんだな。それが眼深(まぶか)に安静。雨や風がその時の友達から乙の街から街を一本買うくらいの暗い二条通に並べてあって、その檸檬の棚を石に言ったような裏通りを楽しんだ。

希(ねがその店というのも私を差しつけられて、美的装束を追いたてる。漢文で赤や紫や黄や青や、中山寺の私はなくて京都から何百里も奪われることなく、また慌しく築きあげた。とはみる、とうとう私は二条の上出来だった。漢文で来たとその果物屋を覚えている。始終私の上へあてがってみたりして色の上出来だった。……「あ、酒を握った瞬間からいくらか弛(ゆる)んで味わっていたものであった。それから水に元気がある鎰屋(かぎや)の私をすかして眺めたこの果物店の素晴(すばら)しかった。何か華やかな美しい音楽の亡霊の見すぼらしくて美しいものに私にはあの植物だけで、そこの果物屋でちょっと澄んで一月ほど何も奪われることなく、たとえようも稀(まれ)だった。そこで試してみたら。私はそれを紹介したいのだが、ふと、私の上は歩き廻った疲労が浸み透ってゆくようなその冷たさは幾度も辛抱が小一時間も離れた仙台とか長崎とか――そのような市へ今自分がお)いの方へ寺町を起こそうと嫌悪と思う。

私は不審なことが、自分が干してあったりがらくたがむしろ媚(こ)びて来るもの。どこをすかして眺めたこの果物店の夜だった。匂(に思える――それが緊張しているような気が幸福であった。何故(なぜ)だかその頃私は歩き廻った疲労が暗いのだ。もともと澄んで赤や紫や黄や青や、これらはここがいつの何度も心のガチャガチャした色のそれからそれへ想像の寺町の甲の以前には歩き廻った疲労が言ったような裏通りを思ったり、たと言ったような趣きのある、勘定台、私の下宿を見て少しでも奪われることなく、まったくあの知っていた範囲で不意に浴びせかける絢爛(けんらん)は、枯れすすき。新しく引き抜いてつけ加えたり、その時どきの心はガチャガチャした色のかなり勾配の不審なことが、と胸一杯に接している街角になっているので、カーンとするとそのたびに上って来る。書籍、私の電燈がとっては活動写真のまたあのその不吉な塊だ。書籍、周囲の中の街のその家の憂鬱になってしまって、自分がそれを充たしていた幸福な感情は活動写真の並んで――と)めた。「今日は父母にある家にも稀(まれ)だった。私は不審なことが、その台というのも美しい眺めが過ぎなかった。

私はなかった。どこをぎょっと乾物屋の空虚な空気の二条のなび)というのは街の贅沢(ぜいたく)ということが手の上に積みあげて、あんなにも心のすべてのゆかなかった。私はみる、あの橙色(だいだいろ)のまるで試してみたら。蓄音器を聴かせてもらいに湧いて来ない。ここでいる。私は、ふと、さまざまのある街で、美的装束を圧えつけていた不吉な塊がしても費すことが点(つ)けられた幾つもの電燈が立ったのは歩き廻った疲労が暗いのだ。見わたすと、疑いも離れた仙台とか長崎とか――そのような市へ今自分が書いてあった「鼻をどう歩いたのだろう、酒をやけに暗いのだ。美しいもの――とさせた。――なんという呪われたことだ。「今日は形容というよりも、――つまりは甲の夜だった。

tnantoka 2008-01-18 (金) 20:10

Xoufelmさん、コメントどうもです。
>作詞する、作詞しないともに面白いですね。よくできていると思います。
ありがとうございます。
>以下私の作品を・・・。
ダッシュ記号がいい感じですね。参考になります。

Trackback+Pingback:

Listed below are links to weblogs that reference
[PR] from Born Neet

Home > > 作詞スル変更履歴

Home > JavaScript > 作詞スル変更履歴

作詞スル変更履歴

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加

適当歌詞作成サイト:作詞スルの変更履歴です。

[2007/12/28]

タイトルに空白が入りまくることがあった問題を修正。
単純ミス。たぶん、これで直ってると思う。

[2007/12/30]

整形処理が適当すぎたので手直しした…けどあまりうまくいかず。
いつか直す、このままでもいい味出てる?

[2008/01/07]

作詞シナイ追加。

PR

Comments:1

Xoufelm URL 2008-01-18 (金) 17:05

作詞する、作詞しないともに面白いですね。よくできていると思います。私はVBAでカットアップをしていますが、ネット上でリロードするたびに新しいものができるほど柔軟でないです。(泣)以下私の作品を・・・。


香水の檸檬が私の友達へというふうに並べてあって、私があるように、思いあがった諧謔心(かいぎゃくしん)からそんな馬鹿げたことを憶い出した。香水のある街で、果物屋固有の檸檬(れもん)を晒(さら)し終わって後、とうとう私はすたすた出て行った。奇怪な幻想的な城が、その街にしておいて私は、乾物屋の中でもその果実を喜ばならなかった。しかしその家が私に上って来る。……実際あんな単純な冷覚や触覚や嗅覚や視覚が、たと言ったような味覚が私をゴチャゴチャに手の気詰まりな丸善も同じことだ。それからまた、ずっとさせた。私は街のない、もう十分後にはこの重さなんだな。それが眼深(まぶか)に安静。雨や風がその時の友達から乙の街から街を一本買うくらいの暗い二条通に並べてあって、その檸檬の棚を石に言ったような裏通りを楽しんだ。

希(ねがその店というのも私を差しつけられて、美的装束を追いたてる。漢文で赤や紫や黄や青や、中山寺の私はなくて京都から何百里も奪われることなく、また慌しく築きあげた。とはみる、とうとう私は二条の上出来だった。漢文で来たとその果物屋を覚えている。始終私の上へあてがってみたりして色の上出来だった。……「あ、酒を握った瞬間からいくらか弛(ゆる)んで味わっていたものであった。それから水に元気がある鎰屋(かぎや)の私をすかして眺めたこの果物店の素晴(すばら)しかった。何か華やかな美しい音楽の亡霊の見すぼらしくて美しいものに私にはあの植物だけで、そこの果物屋でちょっと澄んで一月ほど何も奪われることなく、たとえようも稀(まれ)だった。そこで試してみたら。私はそれを紹介したいのだが、ふと、私の上は歩き廻った疲労が浸み透ってゆくようなその冷たさは幾度も辛抱が小一時間も離れた仙台とか長崎とか――そのような市へ今自分がお)いの方へ寺町を起こそうと嫌悪と思う。

私は不審なことが、自分が干してあったりがらくたがむしろ媚(こ)びて来るもの。どこをすかして眺めたこの果物店の夜だった。匂(に思える――それが緊張しているような気が幸福であった。何故(なぜ)だかその頃私は歩き廻った疲労が暗いのだ。もともと澄んで赤や紫や黄や青や、これらはここがいつの何度も心のガチャガチャした色のそれからそれへ想像の寺町の甲の以前には歩き廻った疲労が言ったような裏通りを思ったり、たと言ったような趣きのある、勘定台、私の下宿を見て少しでも奪われることなく、まったくあの知っていた範囲で不意に浴びせかける絢爛(けんらん)は、枯れすすき。新しく引き抜いてつけ加えたり、その時どきの心はガチャガチャした色のかなり勾配の不審なことが、と胸一杯に接している街角になっているので、カーンとするとそのたびに上って来る。書籍、私の電燈がとっては活動写真のまたあのその不吉な塊だ。書籍、周囲の中の街のその家の憂鬱になってしまって、自分がそれを充たしていた幸福な感情は活動写真の並んで――と)めた。「今日は父母にある家にも稀(まれ)だった。私は不審なことが、その台というのも美しい眺めが過ぎなかった。

私はなかった。どこをぎょっと乾物屋の空虚な空気の二条のなび)というのは街の贅沢(ぜいたく)ということが手の上に積みあげて、あんなにも心のすべてのゆかなかった。私はみる、あの橙色(だいだいろ)のまるで試してみたら。蓄音器を聴かせてもらいに湧いて来ない。ここでいる。私は、ふと、さまざまのある街で、美的装束を圧えつけていた不吉な塊がしても費すことが点(つ)けられた幾つもの電燈が立ったのは歩き廻った疲労が暗いのだ。見わたすと、疑いも離れた仙台とか長崎とか――そのような市へ今自分が書いてあった「鼻をどう歩いたのだろう、酒をやけに暗いのだ。美しいもの――とさせた。――なんという呪われたことだ。「今日は形容というよりも、――つまりは甲の夜だった。

tnantoka 2008-01-18 (金) 20:10

Xoufelmさん、コメントどうもです。
>作詞する、作詞しないともに面白いですね。よくできていると思います。
ありがとうございます。
>以下私の作品を・・・。
ダッシュ記号がいい感じですね。参考になります。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
作詞スル変更履歴 from Born Neet

Home > JavaScript > 作詞スル変更履歴

Search
Loading
Feeds
Links
スポンサードリンク
Ad
デル株式会社
Ad

Page Top