忍者ブログ

Home > > application.iniを編集する方法でFirefoxを複数起動するとJetpackが使えない

[PR]

  • 2017-07-28

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Comments:

Trackback+Pingback:

Listed below are links to weblogs that reference
[PR] from Born Neet

Home > > application.iniを編集する方法でFirefoxを複数起動するとJetpackが使えない

Home > Firefox > application.iniを編集する方法でFirefoxを複数起動するとJetpackが使えない

application.iniを編集する方法でFirefoxを複数起動するとJetpackが使えない

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加

Macで複数のFirefoxを共存させる方法 - Affirmative Wayとかで紹介されてる方法。
便利なんだけど、3.5と3.6でJetpackをテストしようと思ったら、
about:jetpackのDevelopタブとかがNot Found的なものになって動かない・・・。

おそらく、jetpackはprofileが
/Users/<ユーザ名>/Library/Application\ Support/Firefox
にあることが前提なんだろうと思う。
(3年ぐらい拡張に触ってないから仕組みを忘れすぎてよくわからんけど。)

というわけで以下の方法でインストールしなおした。
ちょっと面倒だけど仕方ない。

FirefoxをダウンロードしてFirefox3.5.appとかにリネームしてアプリケーションに突っ込む。
で、以下のコマンドでProfileManagerを開く。

$ /Applications/Firefox3.5.app/Contents/MacOS/firefox-bin -P
SnowLeopardでprofile manager - import laziness

あとは、「今後このプロファイルを使用する」にチェックを入れて
新規プロファイルを別名で作成するだけ。

Firefox3.5をDockに入れれば複数起動環境の構築完了。

これでjetpackも動いてめでたしめでたし。

じゃ、なかった。(2009/12/23 23:05)
これじゃどっちもDefault User2で起動しちゃう。

UK STUDIO - MacでFirefoxのプロファイルの使い分けと別バージョンの同時起動をする
を参考に3.6をdefaultで3.5をDefault User2で開くアイコンを作成。

ふぅ、これで安心して暮らせる。

一応手順(シェル)載せときます↓

Firefox3.5起動用シェル(snow leopard対応)
#!/bin/sh
/Applications/Firefox3.5.app/Contents/MacOS/firefox-bin -P "Default User2" &
exit 0

Firefox3.6
#!/bin/sh
/Applications/Firefox.app/Contents/MacOS/firefox-bin -P "default" &
exit 0

これを[Mac OS X] シェルスクリプトとかの CUI アプリケーションを Mac OS X 方式の .app にする方法 [簡単 5 ステップ]
から落としたapp内のcore.shに貼りつければOK。
PR

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
application.iniを編集する方法でFirefoxを複数起動するとJetpackが使えない from Born Neet

Home > Firefox > application.iniを編集する方法でFirefoxを複数起動するとJetpackが使えない

Search
Loading
Feeds
Links
スポンサードリンク
Ad
デル株式会社
Ad

Page Top