忍者ブログ

Home > > WiresharkでOpenIDのお勉強

[PR]

  • 2017-03-29

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Comments:

Trackback+Pingback:

Listed below are links to weblogs that reference
[PR] from Born Neet

Home > > WiresharkでOpenIDのお勉強

Home > OpenID > WiresharkでOpenIDのお勉強

WiresharkでOpenIDのお勉強

Share on Tumblr このエントリーをはてなブックマークに追加

仕様のお勉強にはシーケンスを見るのが一番ということで。

環境構築

まずは、Wiresharkをダウンロード。
インストールは全部Nextで。

次にOpenIDの環境を整える。

わかりやすいように、
localhost/openid/test/rp/
localhost/openid/test/op/
って構成で作ります。
(ディレクトリ階層を減らすとexamplesのコードを変えないといけないので若干冗長です)

■ RP/OP共通
 ○ OpenID EnabledからPHP OpenID Library Version 2.1.3をダウンロード&解凍。
 ○ openidにリネームしてドキュメントルートに配置。
 ○ openid/examplesをtestにリネーム。
 ○ Auth/OpenID/CryptUtil.phpの
  「define('Auth_OpenID_RAND_SOURCE', '/dev/urandom');」を
  「define('Auth_OpenID_RAND_SOURCE', NULL);」に。

■ RP
 ○ examples/consumerをrpにリネーム。
 ○ rp/common.phpの
  「$store_path = "/tmp/_php_consumer_test";」を
  「$store_path = "_php_consumer_test";」に。
 ○ _php_consumer_test内を書き込み可能に。(必要なら)

これでRPは完成。
localhost/openid/test/rp/でアクセスできる。

■ OP
 ○ examples/serverをopにリネーム。
 ○ op/config.phpを作成。(内容は以下)

<?php
/**
 * The URL for the server.
 *
 * This is the location of server.php. For example:
 *
 * $server_url = 'http://example.com/~user/server.php';
 *
 * This must be a full URL.
 */
$server_url = "http://localhost/openid/test/op/server.php";

/**
 * Initialize an OpenID store
 *
 * @return object $store an instance of OpenID store (see the
 * documentation for how to create one)
 */
function getOpenIDStore()
{
    require_once "Auth/OpenID/FileStore.php";
    return new Auth_OpenID_FileStore("_php_server_test");
}

?>

 ○ php.iniのextension=php_curl.dllのコメントアウトを外す。
 ○ op/index.phpの
  「header("Location: server.php");」を
  「header("Location: http://localhost/openid/test/op/server.php");」に。
  (http://localhost/openid/test/op/をOP Identifierとして使えるように。)

これでOPも完成。
アクセスはlocalhost/openid/test/op/で。
※ config.phpとindex.phpはURLが変わる度に修正する必要ありですね。

キャプチャ

さて、いよいよキャプチャです。

って言っても超簡単ですが。

Wiresharkを起動し、Capture→Interfacesから、
キャプチャしたいインタフェースをStartすればOK。

RPにアクセス→OPで認証までやったら、Capture→InterfacesからStop。
これでデータ取得完了。

あとは、Filter: ip.addr==アクセス先のIP等でApply、 Protocol列クリックでソートすれば上からHTTPのデータを見れます。

はまったところ

localhostへのアクセスがキャプチャできず。
いろいろ試してみるも、結局断念。

PC3台を動員し、なんとかDirect Communicationのデータも取得できました。
需要あれば公開します。
(僕自身まだ全然中身見れてないけど^^)
※ localhostをキャプチャしようとNW設定いじってたらネットできなくなった
  …なんてことになったら、route -f&再起動で直るかもしれません。

以上、長駄文続きですいません。

PR

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
WiresharkでOpenIDのお勉強 from Born Neet

Home > OpenID > WiresharkでOpenIDのお勉強

Search
Loading
Feeds
Links
スポンサードリンク
Ad
デル株式会社
Ad

Page Top